第三章 シャチョウの笑顔(4)  マスターの仲立ちで互いに紹介され、僕は北(きた)沢(ざわ)さんという男性と名刺を交換した。  ふと気づくと、麻(ま)世(よ)ちゃんがまたメニューを見ている...