地蔵菩薩を磨く参加者たち=鳥取県大山町大山、大山寺参道
地蔵菩薩を磨く参加者たち=鳥取県大山町大山、大山寺参道

 【大山】大山寺(鳥取県大山町大山)の参道に並ぶ地蔵菩薩(ぼさつ)をテーマにした「大山お地蔵さまフェスティバル」が15日、参道周辺で開かれた。親子連れなど約200人が、地蔵を磨いて、御利益を願った。

 鳥取県西部中小企業青年中央会が企画し、7回目。新型コロナウイルスの影響で2020、21年は会員のみで行い、3年ぶりに一般参加者を迎えて開いた。

 大山寺周辺にある200体以上の地蔵のうち、同中央会が子どもたちに親しんでもらおうと愛称を付けた6体を掃除した。子どもたちが地蔵に水をかけ、たわしで丁寧にこすって汚れを落とし、手を合わせた。

 東京都練馬区から家族3人で訪れた幼稚園児、内田百采(おと)ちゃん(5)は「水をかけて拭いたのが楽しかった」とにっこり。家族4人で参加した米子市諏訪の保育園児、景山湊(みなと)ちゃん(4)は「ぴかぴかになったよ」とはにかんだ。

 会場には小型無人機ドローンを操縦できる体験コーナーや、子どもたちによるダンス発表などもあった。

 (岩垣梨花)