上と下と横と中央とにおいて、そなたが気づいてよく知っているものは何であろうと、それは世の中における執着の対象であると知って、移りかわる生存への妄執を懐(いだ)いてはならない。 (釈(しゃ)迦(...