任期満了に伴う江津市の市長選と市議選(定数16)が22日告示される。市長選は元国会議員秘書の中村中氏(43)=江津市嘉久志町=と、元島根県議の山本誉氏(64)=同市和木町=の無所属新人同士の一騎打ちとなる公算が大きい。江の川の治水対策や人口減対策などが争点で、引退する山下修市長(73)が進めた政策の継承か変革かが問われる。投開票は29日。

 中村氏は故竹下亘氏(元衆院島根2区)の秘書などを務め、保守系の県議や市議、建設業など地元経済人らによる組織戦を展開する。自民党県連、公明党県本部、市建設業協会など14団体の推薦を取り付けた。山下市長の政策継承を掲げ、企業誘致の推進、高校生までの医療費無償化などを主張する。

 山本氏は親族や高校の同級生が支え、保守系支持だった経済人の一部が陣営に加わった。かつて県第2区総支部代表を務めた立憲民主党など政党の支援は求めず、連合島根の推薦を受けた。傘下の市内9労働組合などの協力を得ている。市政の変革を訴え、老朽化した図書館の早期整備などを訴える。

 市議選は現職11人、新人7人の計18人が出馬を予定する。

 立候補の届け出は市長選、市議選ともに、午前8時半から午後5時まで江津町の市職員会館で受け付ける。

 3月1日現在の選挙人名簿登録者数は1万9280人(男8999人、女1万281人)。(村上栄太郎)