「私が人生をささげた全てが壊れようとしている」。1991年8月24日、ゴルバチョフ・ソ連大統領の顧問だったセルゲイ・アフロメーエフ元帥(元参謀総長)はそんな遺書を残し、68年の人生に自ら幕を下...