出雲市    嘉藤 信隆 89歳  本紙の連載小説「いのちの十字路」を読んでいる。南杏子という作家だが多分、医者もやっておられると思う。医学用語を散りばめ、その語彙(ごい)は素人でも分かる...