京都府立大に入学してすぐ、磯田道史(50)は自らの選択の結果にがくぜんとした。自分の将来が「制度」によって阻まれている―。「別の大学に行こうか」。通学の途中、鴨川に架かる北大路橋から川面を眺め...