島根県庁(左)と鳥取県庁
島根県庁(左)と鳥取県庁

 島根県と鳥取県が20日、それぞれ55人、43人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。新規感染者は両県とも19日確認分。

 島根県の居住地別の内訳は松江市26人、出雲市15人、江津市10人、浜田市3人、雲南市1人。松江市で、市立小学校2校の関係者計3人の感染が19日までの検査で確認され、うち1校が21日まで一部学級閉鎖。出雲市では、市立小学校1校が感染確認に伴い20日から当面の間、一部学級閉鎖となった。江津市でも、市立中学校1校で関係者1人が感染し、20日は学年閉鎖とした。

 鳥取県の保健所管内別の内訳は鳥取市27人、米子16人、倉吉0人。ほかに岩美中学校では20日、関係者2人の陽性が確認され、21日は学年閉鎖とする。

 累計感染者数は島根1万7731人、鳥取1万5893人。20日午前0時時点の確保病床使用率は島根(371床)が10・2%、鳥取(350床)は4・3%。宿泊療養は島根6人、鳥取29人、自宅療養は島根195人、鳥取227人。両県とも重症者はいない。
 (清山遼太、藤井俊行)