個体数が減少するニホンヒキガエルの産卵地の保全に向け、邑南町内でDNA調査が始まった。広島市安佐動物公園の元副園長の桑原一司さん(72)らが手がけ、瑞穂、羽須美両地域で消滅が進むものの、石見地...