島根県庁(左)と鳥取県庁
島根県庁(左)と鳥取県庁

 島根県は25日、164人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。このうち112人が出雲市だった。鳥取県内の感染者は63人となり、米子市内のライブ演奏のある飲食店でクラスター(感染者集団)が確認された。両県とも24日確認分。
 島根県によると、出雲市で感染者が100人を超えるのは初めて。他の居住地別の内訳は松江市27人、浜田市8人、雲南市7人、安来市5人、飯南町3人、江津市、奥出雲町各1人だった。クラスターは2件発生し、安来市内の児童福祉施設で6人、出雲市内の児童福祉施設で11人の感染を確認した。県内のクラスターは累計281件となった。
 鳥取県の保健所管内別の内訳は、米子37人、鳥取市22人、倉吉4人。
 クラスターが発生した米子市内のライブ演奏のある飲食店は、24日までに8人が感染した。接触者は把握済みのため、店名は公表しない。
 境港市立渡小学校で関係者1人の陽性が判明し、学級閉鎖、児童クラブを臨時休所した。県東部消防局でも職員1人が陽性となったが、職場内に濃厚接触者はおらず通常通り業務を行う。
 累計感染者数は島根1万8335人、鳥取1万6167人。25日午前0時時点の確保病床使用率は島根(371床)が14・8%、鳥取(350床)が3・7%。宿泊療養は島根38人、鳥取55人、自宅療養は島根474人、鳥取281人。重症者は島根1人で、鳥取はいない。
      (小引久実)