松浦和之・島根県NIE推進協議会会長
松浦和之・島根県NIE推進協議会会長
福間敏之・島根県NIE研究会会長
福間敏之・島根県NIE研究会会長
松浦和之・島根県NIE推進協議会会長 福間敏之・島根県NIE研究会会長

 新聞を生かした教育活動に取り組む島根県NIE推進協議会の2022年度総会が25日、松江市殿町の山陰中央新報社であり、新会長に出雲市立西野小学校の松浦和之校長(58)を選出した。1995年の創設以来、会を主導した島根大名誉教授の有馬毅一郎会長(84)は顧問に就いた。

 協議会と両輪でNIEを進める研究組織・島根県NIE研究会も役員を改選し、96年の創設から会をまとめてきた有馬会長に代わり、松江市立本庄小学校の福間敏之校長(58)が新会長に就任した。

 総会にはオンラインを含め、教育、行政、新聞関係者22人が出席。日本新聞協会指定のNIE実践校に奥出雲町立阿井小学校、津和野町立津和野中学校、大田市立大田西中学校、県立江津高校、県立津和野高校、県立吉賀高校の6校を承認した。

 NIE推進のかじ取り役を担う松浦会長は「デジタル化が進む教育現場で新聞を使ってどんな力を育むか、一緒に考えていきたい」と決意を述べた。

 松浦会長は出雲市立出東小校長、出雲市教育委員会教育部次長などを経て4月から西野小校長。日本新聞協会NIEアドバイザー。

 福間会長は松江市立秋鹿小教頭、島根大大学院教育学研究科教授などを経て4月から本庄小校長。日本新聞協会NIEアドバイザー。   (清水由紀子)