第三章 相国墜つ(十六) 「どうかしたか……?」  宗盛に呼ばれてふと我に返った。何か良くないことを思案していると思ったのだろう。  兄の顔にはまた不安の色が滲み始めている。 「いえ...