5月27日付の本紙で、和田さんの訃報を知った。しばらくお会いしていなかっただけに、無念でならない。  『山陰経済ウイークリー』や『湖都松江』の随想を、心待ちにしながら読んだ者として、あの...