子どものころから数え切れないくらい「恋の物語」を読んできたが、1冊選べと言われたら迷わずこの「愛の妖精」(宮崎嶺雄訳、岩波文庫)を挙げる。  著者はジョルジュ・サンド。何よりもショパンの恋人...