【1回戦・川本-八束学園】試合が始まり、マウンドに駆け出す川本の選手=島根県邑南町矢上、いわみスタジアム
【1回戦・川本-八束学園】試合が始まり、マウンドに駆け出す川本の選手=島根県邑南町矢上、いわみスタジアム

 第75回島根県中学校優勝野球大会(島根県中学校体育連盟、山陰中央新報社など主催、島根電工特別協賛)が22日、邑南町矢上のいわみスタジアムなど3会場で開幕した。昨年の第74回大会が新型コロナウイルスの感染拡大の影響で中止となっており、2年ぶりの開催。猛暑の中、球児が熱戦を繰り広げた。

 出雲、石見地区大会優勝校や開催地代表、各地区予選を勝ち抜いた計21チームが出場した大会は、感染防止のため原則無観客とし、入場は選手の保護者と学校関係者に限り、開会式、閉会式は取りやめた。

 初日は1回戦6試合があり、八束学園や大田一など6校が2回戦に進んだ。23日は4会場で計7試合があり、8強が決まる。 (取材班)