東京と京都。おいしい店はあまたあるが、食通の著者らが選んだ基準は「土地の深層に分け入る存在であること」。そば、喫茶、洋食…。24軒の「まちの味」が、往復書簡の形で語られる。  京都の花街にあ...