ノーヒットノーランを達成した優勝投手を横目に8回、161球を投げ抜いた男がいた。敗れた大社の左腕・3年北野文也。8失点こそしたが、彼の存在なくしては、29年ぶりの歓喜を、夢見ることさえできなか...