7、8月に山陰両県で新型コロナウイルスの感染者が急増した。昨年夏の感染状況と比較すると、この夏の感染者数は島根県が7倍(昨年の私立学校のクラスターを除けば、162倍)、鳥取県は50倍にもなり、桁違いの規模だ。この夏の感染者推移や感染場所を分析すると、クラスター(集団感染者)発生の大きな原因に「マスクを外す場面がある場」「屋内で人が密接になる場」「共同生活をする場」が挙げられる。感染の危険が高い場面を避けることが一番だが、感染防止を徹底しながら、飲食店などを利用するにはどうしたらいいのか。具体的な対応策を島根県で新型コロナウイルス対策を担当する健康福祉部の公衆衛生医師、谷口栄作・医療統括監に聞いた。(Sデジ編集部・吉野仁士)

 7、8月の感染拡大について、谷口医療統括監は仕事の出張やお盆の帰省といった、「都市部からしみ出た県外感染者」との飲食が大きな原因とみる。

 谷口医療統括監は「誰しも普通に人と接触する際は、マスクをして感染に気を付けている。しかし、飲食店はマスクを外して飲食する場所。どうしても少しはマスク無しで話す瞬間があるため、他の場面よりも飛まつ感染のリスクが高まってしまう」と、感染リスクについて説明する。

 飲食店でアクリル板の設置や客同士の距離を取るなどの対策が取られていれば感染の恐れは...