環境省は25日、南海トラフ巨大地震で発生する建物のがれきなど災害ごみの処理期間について、5~7年程度を見込んだ計画とする方向で検討に入った。東日本大震災の処理にかかった3年を前提に検討してきた...