14日、島根県西部の60代の女性宅に、市役所職員を名乗る男性から、「介護保険料を払いすぎているので還付金があります。還付金の受け取り手続きのため、金融機関のATMにキャッシュカードを持っていき、着いたら電話してください」と電話があり、電話で指示を受けながらATMを操作した結果、約99万9000円を振り込み、だまし取られる被害が発生した。
 県警によると、60代の女性をターゲットとした還付金に関する不審電話が立て続けに発生しており、注意を呼び掛けている。