第七章 九郎義経(七十二)  四半刻ほど激戦が続いている。戦況は、ここだけなら五分。  今、踏み留まっているのは、平家敗残の中でも頗る高い士気を保つ者たちだから当然である。知盛も自ら太刀...