ノーベル文学賞に決まったアブドゥルラザク・グルナの作品の多くでは、故郷のザンジバル(現タンザニアの島しょ部)を中心に、東アフリカ沿岸地域の歴史が登場人物の経験や記憶、感覚を通して提示される。さ...