第100回全国高校サッカー選手権(12月28日~来年1月10日)の組み合わせ抽選が15日、オンラインで行われ、2年連続11度目の大社は初戦の2回戦で前回準優勝の青森山田との対戦が決まった。夏の全国高校総体で準優勝し、12年連続17度目の米子北は前回4強の矢板中央(栃木)と2回戦で当たる。

 東京・国立競技場で開会式の後に行われる開幕戦は関東第一(東京B)と中津東(大分)の顔合わせとなった。前回優勝の山梨学院は佐賀東と対戦する。選手宣誓は高川学園(山口)の奥野奨太主将が務める。来月5日に茨城代表が決まり、全48校が出そろう。

 国立競技場の使用は2013年度の第92回大会以来8大会ぶりで、改築後は初。開幕戦、準決勝2試合と決勝の計4試合が行われる。