宮野 健男氏
宮野 健男氏

「2022年の経済ニュース焦点は…
      通信社幹部が徹底解説!」

講 師 共同通信社経済部長 宮野 健男氏
演 題 「コロナを越えて~ニュース現場発、日本経済の論点」

 山陰中央新報社の「石見政経懇話会」「石西政経懇話会」は、12月14日(火)15日(水)に定例会を開催します。今回は共同通信社経済部長の宮野健男さんを講師に迎え、「コロナを越えて~ニュース現場発、日本経済の論点」と題して話していただきます。

 新型コロナウイルスの感染状況はここのところ落ち着いており、経済活動が活発化しつつあります。コロナ禍が出口にたどり着きつつあるようにも見える中、宮野氏を講師に迎えます。
 宮野氏は共同通信社に入社後、日銀や流通、国交省、農水省の各記者クラブを担当するなど経済記者を長年経験し、昨年9月から経済部長を務めています。

 講演では、日本経済の現状やコロナ禍で浮かび上がった経済社会の構造的課題、岸田政権の経済政策について話していただきます。通信社の経済部長の視点から、来年の経済ニュースの焦点や経済記事のニーズ変化、メディア側のコンテンツ改革にも触れていただく予定です。ぜひ、ご期待ください。

<宮野 健男氏のプロフィール>
講師略歴 1968年生まれ、神奈川県出身。学習院大卒。日刊工業新聞社を経て96年共同通信社入社。日銀や流通、国交省、農水省、兜などの各クラブ担当を経験。2011年、東日本大震災発生直後に仙台編集部デスク。13年、経済部に戻りデスク、関門兼担当部長などを経て20年9月より現職。専門分野は国内経済。


(本会は会員制です)


■政経懇話会のページへ
https://www.sanin-chuo.co.jp/page/seikeikon/