船にのりて山なき海中にいでて四(よ)方(も)をみるに、ただまろにのみみゆ。さらにことなる相、みゆることなし。しかあれど、この大海、まろなるにあらず。 (道元)    <解...