第一章 水引の母(32)  白石先生が五色のあわじ結びを目の前に掲げる。雑然とした診療所の中で見慣れてしまった水引だが、手にする人が違うと別物だ。  オリンピアの神殿で白いドレス姿の聖女が...