崎みかんの出荷作業に追われる人たち=島根県海士町崎
崎みかんの出荷作業に追われる人たち=島根県海士町崎
崎みかんの出荷作業に追われる人たち=島根県海士町崎
崎みかんの出荷作業に追われる人たち=島根県海士町崎
崎みかんの出荷作業に追われる人たち=島根県海士町崎
崎みかんの出荷作業に追われる人たち=島根県海士町崎
崎みかんの出荷作業に追われる人たち=島根県海士町崎
崎みかんの出荷作業に追われる人たち=島根県海士町崎
崎みかんの出荷作業に追われる人たち=島根県海士町崎 崎みかんの出荷作業に追われる人たち=島根県海士町崎 崎みかんの出荷作業に追われる人たち=島根県海士町崎 崎みかんの出荷作業に追われる人たち=島根県海士町崎

※アプリをご利用の方は、写真をタップし左にずらすと、計4枚の写真をご覧になれます。

 【海士】島根県隠岐諸島産の温州(うんしゅう)ミカンとして知られる海士町の「崎みかん」の出荷が最盛期を迎えた。酸味と甘さが調和した濃い味が評判で、崎地区の作業場ではミカンが山積みになり生産者が作業に追われる。

 荒廃したミカン畑の再建を目指す町のプロジェクトに応じた元地域おこし協力隊らが4ヘクタールで2100本の木を育てる。島南端にある日本海を望む傾斜地で栽培され「昔懐かしいミカンの味がする」と、出郷者への贈り物として引き合いがある。今季は町内の産直市や松江市内のスーパーなどに10トンを出荷する。

 作業場では、艶やかな黄赤色のミカンが大量に積まれ、手伝いの人たちがサイズを分け、傷が付いていないか確認しながら箱詰めしている。生産者の白石宗久さん(52)は「味は十分。寒い冬に家族と一緒に楽しんでほしい」と話した。

  (森山郷雄)