第三章 相国墜つ(十一)  知盛が身支度を整えるために一度奥へ戻ると、すぐに希子が姿を見せた。 「皆は?」 「私がお手伝いします」  普段ならば奉公人が主人の着替えを行うが、大事だと...