将来自分が古本屋になるなどとつゆほども思っていなかったはるか昔のことだが、とある土地の朝市に露店の古本屋が出ていた。その主人のいうのには、好事家が古本屋をはしごする際は、持ち金は帰りの電車賃だ...