小所帯の河本派出身で自民党内の基盤が弱かった海部俊樹元首相は、最大派閥・竹下派による支配構造の下で制約された政権運営を余儀なくされた。「不退転の決意」で取り組んだ政治改革。実現へ衆院解散の勝負...