セブン-イレブンのオープンを前に、行列を作る買い物客(松江市大庭町、2015年)
セブン-イレブンのオープンを前に、行列を作る買い物客(松江市大庭町、2015年)

 近年、山陰両県で有名な全国チェーン店の進出が相次いでいる。全国チェーン店の山陰進出では多くの場合、「今回で全都道府県進出達成」とうたわれている。山陰が全国の「ラストピース」になる理由を、2回に分けて探る。(Sデジ編集部・吉野仁士)

関連記事:チェーン出店に三つのハードル 出店遅い山陰、有名チェーン店の回答は<下>(Sデジオリジナル記事)

 2021年に両県のいずれか、または同時に初出店したチェーン店やサービスの中で記憶に新しいのは、9月に進出した料理宅配大手「ウーバーイーツ」(山陰両県同時)。10月には島根県に初出店した、マックスバリュ西日本(広島市)が展開する食品スーパーの「マックスバリュ」とディスカウントストアの「ザ・ビッグ」、12月には島根県に進出した国内シェア1位の宅配ピザ「ドミノ・ピザ」も話題になった。

2021年12月8日に出雲市にオープンした、ドミノ・ピザの島根1号店。同社はこのオープンで全都道府県を制覇した

 各社がオープンの際に報道向けに出した資料によると、ドミノ・ピザは島根県が全都道府県で47番目。島根、鳥取両県で同日にサービスを開始したウーバーイーツは、徳島、福井と同着ではあるものの、同じく全国最後の進出だった。マックスバリュは全国で他にも未進出の県があるが、島根県への進出は系列店のザ・ビッグと合わせると中国・四国地方で最後になった。

▼実は全国最後?今ではなじみのチェーン店

 両県で定着したチェーン店の中にも、進出当時は全国で最後だったという企業は多い。進出が全国で最後の方だった主なチェーン店を以下にまとめた。

スターバックスコーヒー(鳥取が全国最後)

2013年にオープンし、スターバックスで山陰1号店になったシャミネ松江店のオープン初日の様子。長蛇の列は駅の外にまで続いた(資料)

 世界最大手のコーヒーチェーン店で、単独店舗のほかビルや大学内にも出店する。同社ホームページによると、国内で1685店(2021年9月末現在)があり、山陰両県には計8店がある。鳥取県は全国で最後に残った空白県だったが、2015年5月、JR鳥取駅南側に1号店がオープンした。

 13年、JR松江駅内のシャミネ松江に山陰で初めて出店した際、長蛇の列ができたのは有名。ちなみに、JR松江駅内に14年3月に出店したチョコレート店「ゴディバ」も、鳥取県が全国最後という。鳥取県のゴディバは同年11月、JR鳥取駅(鳥取市東品治町)に隣接するシャミネ鳥取内に出店した。

鳥取県初出店の際にも、約千人の行列ができた。山陰両県民の全国チェーン店に対する関心の高さがうかがえる=鳥取市東品治町(資料)

セブン・イレブン(鳥取が本州最後)

鳥取県に初進出したセブン-イレブン米子市角盤町2丁目店。オープン初日の店内は買い物客であふれた(2015年)

 コンビニの大手チェーン店で、現在は全都道府県に出店中。同社ホームページによると、国内総店舗数は2万1227店(2021年末時点)で、山陰両県には計104店がある。

 今ではなじみのコンビニだが、鳥取県に初出店(米子市内に3店舗同時)した2015年当時、未進出は沖縄県のみ。本州の県では四国や九州よりも遅かった。島根県には09年に浜田、江津の両市に初出店し、15年には松江市にも進出した。

セブン-イレブン松江大庭バイパス店がオープンする際には、開店前に買い物客の行列ができた(2015年)

 

 ★アニメイト(島根が全国最後)

全国最後の出店になった島根県のアニメイトイオン松江店。数万点のアニメ関連グッズがそろう(資料)

 関東地方を中心にアニメのCDやDVD、キャラクターグッズを販売する店。総店舗数は全国約120店で、15年に松江市のイオン松江店内にオープンし、全都道府県への出店を果たした。鳥取県では09年に米子市のイオン米子駅前店内に出店し、現在、山陰両県には各1店舗ずつある。

 山陰ではひと昔前、テレビ地上波でのアニメ放送は都会地と比べて少なかった。出店当時はインターネットの普及や衛星多チャンネル放送(CS放送)により、アニメの人気が高まった時期で話題になった。

 

 ★ドトールコーヒーショップ(島根が全国最後)

 コーヒーに加えサンドイッチ、ケーキといった軽食も人気のコーヒーショップチェーン店。島根県では、2015年にJR松江駅に隣接するシャミネ松江に出店し、全都道府県への出店を達成した。店舗数は直営店とフランチャイズを合わせて全国に1078店舗(2021年末時点)ある。

 スターバックスは鳥取県が全国最後だったが、鳥取県初のドトールは島根県よりかなり早い04年。境港市のPLANTー5境港店内にオープンした。

 

 出店から数年が経ち、今では当たり前のように利用している店舗でも「島根(鳥取)県が最後だったの!?」と驚いてしまいそうだ。

 

 ▼山陰に店舗がないチェーン店は

 続いて、2022年1月時点で、山陰両県のいずれか、または両県に店舗がない(進出後に閉店を含む)有名チェーン店を一部まとめた。各社公式ホームページの店舗検索結果に準拠する。

トリニティモール(鳥取市南隈)への出店で鳥取県に初進出したトイザらス。オープン初日は家族連れが詰めかけた。島根県には現在、店舗がない(2005年)

 

社名 (業種、無店舗の県)

・トイザらス(玩具量販 島根、山梨)
 鳥取:トリニティモール内(鳥取市)

・松屋(牛丼チェーン 島根、鳥取ほか)

・なか卯(牛丼チェーン 島根ほか)
 鳥取:米子皆生店、鳥取安長店(鳥取市)

・LOFT(生活雑貨 島根ほか)
 鳥取:米子しんまち天満屋内

・餃子の王将(ラーメン、定食 島根ほか)
 鳥取:鳥取安長店など3店

・やよい軒(定食 島根、鳥取、東北地方ほか)

・ラウンドワン(アミューズメント 島根、鳥取ほか)

・ロッテリア(ハンバーガー 島根、鳥取、長野、福井、高知)

・ロイヤルホスト(レストラン 島根、鳥取ほか)

・ピザーラ(宅配ピザ 島根、鳥取、四国地方ほか)

・サブウェイ(サンドイッチ 島根、鳥取ほか)

・築地銀だこ(たこ焼き 鳥取のみ)
 島根:イオンモール出雲店内

・カラオケ館(カラオケ 島根ほか)
 鳥取:鳥取千代水店(鳥取市)

・まねきねこ(カラオケ 島根、鳥取、和歌山、熊本)

 

 多くの全国チェーン店が出店してきたように思えるが、まだまだ出店していない有名チェーン店は多い。

 未進出の都道府県を見ると、山陰は全都道府県での最下位を回避した際でも、本州では最下位になった事例が多い。四国や九州、沖縄といった、本州から海をまたぐ県への進出が遅れるのは、輸送コストがかさむからだと予想できる。山陰両県は全国の都道府県の中でも人口が少なく、高速道路網も十分に整備されていない。ビジネスをするうえで効率は悪そうだが、他の本州の県と比べてここまで遅れを取るのはなぜなのか。

 <下>では山陰に未進出の全国チェーン店や有識者に話を聞き、進出が遅れる要因を探った。