東京電力は1967年9月、自社初となる福島原発1号機の建設工事に着手した。既に敷地の造成や防波堤の築造は前年から始まっており、地元では多くの住民が工事関連会社に雇用された。現場から約4キロ離れ...