島根県庁(左)と鳥取県庁
島根県庁(左)と鳥取県庁

 鳥取県は28日、新たに196人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。1日当たりでは過去最多で、4日連続で100人を超えた。島根県は81人だった。

 鳥取県の保健所管内別の内訳は、米子149人、鳥取市33人、倉吉14人。

 学校関係者の感染が県西部を中心に相次いで確認された。境港市の第一中、米子市の福米東小、加茂小、伯仙小、淀江小、日野町の根雨小、八頭町の八頭高校が休校。鳥取市は認可保育施設1カ所を休園とする。

 県は31日以降、保育所などの全保育施設に、子ども用不織布マスクとアルコール消毒液を県西部から順次配布する。感染急拡大に伴い実施した緊急点検で、子どものマスク着用率が低く、おもちゃなどの頻繁な消毒が必要だと判断した。

 米子市の市役所本庁舎、市福祉保健総合センター「ふれあいの里」の職員各1人が感染した。業務に支障はない。

 島根県の居住地別の内訳は、松江市22人、浜田市12人、出雲市23人、益田市2人、大田市4人、安来市4人、江津市1人、邑南町6人、吉賀町5人、県外2人。感染者数が2日連続で100人以下となり、県は感染拡大地域での部分休校により、学校現場での感染が抑えられたためとみる。

 松江市の北消防署東部分署、浜田市役所本庁舎、大田市役所本庁舎、松江家裁で職員の感染を確認。浜田市役所本庁舎は2階を28日から閉鎖した。隣接する第2東分庁舎に臨時窓口を設けて対応する。

 県は28日午前に感染者数を83人と発表したが、重複集計などがあり2人を取り下げた。

 累計感染者数は島根4003人、鳥取3180人。28日午前0時時点の確保病床使用率は島根(368床)40・2%、鳥取(350床)23・4%。宿泊療養は島根32人、鳥取126人。自宅療養は島根956人、鳥取537人。重症者は島根2人、鳥取0人。
 (岸本久瑠人、佐々木一全)