子どもの健やかな成長を願って巨大な凧(たこ)を揚げる「いぐり凧揚げ」が10日、島根県隠岐の島町栄町の西郷中学校であった。初節句を迎える96人の名前が書かれた大型の凧2枚が、春風に乗って舞い上がった。(隠岐支局長・鎌田剛)

 
風に乗って勢いよく上がるいぐり凧=島根県隠岐の島町栄町、西郷中学校グラウンド
青い空に浮かぶいぐり凧=島根県隠岐の島町栄町、西郷中学校グラウンド

 春を告げる風物詩のいぐり凧揚げは江戸後期からの伝統があり、えぐったような10個の耳が「いぐり凧」の由来。隠岐いぐり凧保存会(田上一安会長、10人)によると、かつては父親が子どもの将来像を絵柄にした凧を作った。

いぐり凧をバックに記念撮影する親子=島根県隠岐の島町栄町、西郷中学校グラウンド


  大会形式で行われるようになり30回目。正月明けから丁寧に作られた縦2・7メートル、横2・4メートルの2枚の祝い凧にはそれぞれ2021年生まれの町内外の子どもの名前が記された。強風に乗り、骨組みを弓なりに張るテープの「ブーン、ブーン」という音を立てながら舞い上がり、親子連れが代わる代わる縄を引いて揚げた。

いぐり凧の縄を引く子ども=島根県隠岐の島町栄町、西郷中学校グラウンド
いぐり凧につながる縄を引く子ども=島根県隠岐の島町栄町、西郷中学校グラウンド
いぐり凧の縄を引く高校生と子ども=島根県隠岐の島町栄町、西郷中学校グラウンド

 松江市春日町の浅生偉さん(34)は「晴れて風が強くてよかった」と笑顔を見せ、生後5カ月の長女日奈子(ひなこ)ちゃんと参加した隠岐の島町中村の主婦妹尾晶子さん(28)は「みんなで同じ凧を見上げて子どもの幸せを願うことができた」と喜んだ。