世界的に貴重な地質、地形、生態系を持つ隠岐ユネスコ世界ジオパーク。雄大な隠岐島前のカルデラを見下ろす海岸に「Entô Annex Nest(エントウ アネックス ネスト)」がある。

 2021年7月、海士町が建設し、開館した。
 圧巻は部屋からの眺望だ。国産木材を使い海に向かって横長に設計された18部屋にテレビはない。ベッドに寝そべると視線の先に海が広がり、漁船が行き交う。
 館内にあるジオパークのガイダンス施設は、隠岐島前の歴史や風土を伝える真っ白なオブジェが鎮座する沈思の空間だ。
 地場産品の市、たき火イベントなど島民と直接語らえるユニークな企画で、島の営みにも触れてもらう。広報担当の池内亮太さん(27)は「従来とは違うぜいたくを感じてもらうのが真の狙い」と魅力を提案する。
 1泊2食付きの料金はシングル2万8380円、デラックスが3万3880円、スイートは6万9300円。今春に価格改定を予定している。(森山郷雄)

 

隠岐島前のカルデラ湾を望むホテル「Entô(エントウ)」
隠岐島前のカルデラ湾を望むホテル「Entô(エントウ)」
前面ガラス張りのデラックスルームから眺める隠岐島前カルデラの眺望
デラックスルームの備え付けテラスからは島後も見える
デラックスルームの浴室
ライトアップされたホテル「Entô(エントウ)」
スイートルムームの備え付けテラス
敷地内にお目見えしたたき火。宿泊客と島民の語らいの場となる
1階にある隠岐ユネスコ世界ジオパークの「ジオラウンジ」
1階にある隠岐ユネスコ世界ジオパークの展示ルーム「ジオディスカバー」
1階にある隠岐ユネスコ世界ジオパークの展示ルーム「ジオディスカバー」

Entô(エントウ)
HP:https://ento-oki.jp/