2011年3月の東京電力福島第1原発事故から11年が経過した。この間、原発がほとんど動いていないにもかかわらず、日本経済の回復基調は続き、構造的な電力不足は生じなかった。本当に原発は必要不可欠...