『古事記』神話では、海のかなたからやってきた少名(すくな)毘古那(びこなの)神(かみ)と大国主神が出会う場所が「出雲の御大(みほ)の御前(みさき)」、すなわち島根半島東端にあたる美保関です。こ...