春の気配を感じながらペダルをこぐ参加者
春の気配を感じながらペダルをこぐ参加者

 「ひなまつりライド」と銘打ったサイクリングイベントが14日、益田市高津町の県立万葉公園を発着点とする約20キロのコースであり、参加者が滞在ポイントでイチゴ狩りや乗馬を楽しみながら市内を疾駆した。

 参加者は、道端に生えたツクシを眺めながら高低差240メートルの起伏があるコースを進んだ。滞在ポイントの一つ、同市高津町の観光農園「ますだこうさんファーム」では、イチゴ狩りを体験。スタッフから摘み取り方を教わり、3種類を食べ比べた。

 父親の和泉健吾さん(35)=益田市東町=と参加した益田市立益田小学校2年、和泉翔太君(8)は「上り坂がきつかったけど、みんなと走れて楽しい」とほほ笑んだ。

 同市東京五輪・パラリンピック自転車競技キャンプ推進実行委員会が、春の訪れを感じつつ自転車を楽しんでもらおうと企画。市内から親子連れら5~42歳の4組13人が参加した。 (中山竜一)