バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)の島根スサノオマジックが26日、松江市内でシーズン終了報告会見を開いた。B1通算4季目のレギュラーシーズンで過去最高の西地区2位に入り、初出場のチャンピオンシップ(CS)では準決勝に進出。ポール・ヘナレ監督は「一番大きな目標には届かなかったが、素晴らしいシーズンだった」と大きく躍進した今季を振り返った。

 大型補強をして臨んだ島根は、...