料理や気分に合わせて選べる錦樹シリーズの日本酒4種
料理や気分に合わせて選べる錦樹シリーズの日本酒4種
料理や気分に合わせて選べる錦樹シリーズの日本酒4種

 都錦酒造(江津市嘉久志町)が、新たな定番商品となる「錦樹(にしき)」シリーズの日本酒4種を発売した。日々の料理や気分に合わせて選べる趣向にした。

 純米酒の「若葉」「常磐(ときわ)葉」「黄朽(きくち)葉」は県産のうるち米を使い、酵母や醸造方法を変え、風味に変化を持たせた。兵庫県産山田錦を使った純米吟醸酒の「濃紅葉」もラインアップし、あっさりした飲み口からコクのある濃いものまで用意した。森脇貞博取締役は「毎晩の食卓の楽しみにしてほしい」と話している。

 1本(720ミリリットル入り)の価格は、純米酒が1265円、純米吟醸酒が1540円。問い合わせは同酒造、電話0855(52)2129。(福新大雄)