微小粒子状物質「PM2・5」などの大気汚染物質をマウスの肺に入れると、新型コロナウイルスの感染を促進する細胞表面のタンパク質が増えるとの実験結果を、京都大の高野裕久教授(環境医学)らのチームが...