新緑とともに動物への餌やりも楽しめる愛宕山公園=出雲市平田町
新緑とともに動物への餌やりも楽しめる愛宕山公園=出雲市平田町

 一畑電車の雲州平田駅から約1キロと、歩いて行くことができる手頃な場所にある愛宕山公園。動物との触れ合いを楽しみに、弁当持参で訪れる親子、自然とふれながらウオーキングを楽しむ地元の高齢者らから半世紀以上にわたって愛されている。
 公園は1953年に旧平田市が整備した。戦国時代に山城が築かれた場所で広さは22・3ヘクタール。春にはソメイヨシノなどが咲き、ゴールデンウィーク期には新緑やツツジなどが心を和ませてくれる。
 西側の入口に動物広場があり、シカやヤギ、ロバ、ポニーなど約10種の動物たちが出迎えてくれる。
 ゲージ越しに餌を与えられる動物もおり、園内で販売する餌のほか、にんじんやキャベツ、サツマイモなど持参した餌を与える子どもたちもよくいる。
 ブランコやシーソーといった遊具がある広場も人気だ。
 頂上の展望台からは出雲平野、宍道湖、三瓶山や大山を望むことができ、新緑と相まってすがすがしい気持ちにさせてくれる。
 公園の西口、東口付近には無料駐車場がある。問い合わせは同公園、電話0853(63)4656。
(松本稔史)