島根県と松江市が11日、同市在住の3人と出雲市在住の3人の計6人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。いずれも年代、性別は非公表。両市の各1人は無症状で、残る4人は軽症という。

 出雲市の2人は同市立中学校の関係者で、発熱などがある。1人は発症2日前の7日以降に学校に行ったが、不特定多数への感染の恐れがあるような行動はないという。出雲市教育委員会は11~16日の6日間、部活動を含めて同校を臨時休校にする。

 残る同市の1人は2人の接触者で、だるさがあったが現在は症状がない。

 症状がある松江市の2人のうち、1人は発症2日前の5日以降に市内の勤務先に出勤して接客の機会があり、市が接触者を調べている。もう1人は9日に感染を確認した出雲市在住者の接触者だった。

 無症状の1人は発症2週間前の4月24日以降に県外に移動歴があり、県外感染者の濃厚接触者と判明した9日、本人が松江保健所に相談した。

 県内の累計感染者数は385人となった。(片山大輔、月森かな子)

 

■鳥取県2人 1人は県外者

 鳥取県と鳥取市は11日、2人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。年代、性別非公表の県外在住者は米子保健所管内、居住地非公表の20代女性は鳥取市保健所管内で判明。いずれも感染者との接触は確認されていない。

 県内の累計感染者は405人となった。(岸本久瑠人)