第三章 相国墜つ(十四)  社寺に祈祷をさせれば、父が病に倒れたことを公にしなければならない。それが伝われば各地の反乱はさらに勢いづくこととなろう。  加えて過日の南都焼き討ちの件がある...