「ふりむくと 一人の少年工が立っている 彼はハイセイコーが勝つたび うれしくて カレーライスを三杯も食べた」  寺山修司氏の「さらばハイセイコー」という詩の書き出しです。ハイセイコーは、...