強烈な日差しの中、小松由佳は砂漠に向かっていた。目の前に風紋が広がる。当時26歳。2008年10月、シリア中央部のパルミラ。「遊牧民らと生活を共にし、その世界を写真で表現したい」。中国からユー...