吉(きち)日(じつ)に悪行をするとかならず凶である。悪日に善をおこなうにかならず吉なり、吉凶は人によりて日によらず。 (『徒然草』)  <解説>不吉な日であるとか、吉日であるかにとらわれ...