島根県庁
島根県庁

 島根県が16日、新型コロナウイルスに感染し、県内の医療機関に入院していた患者1人が死亡したと発表した。感染者の死亡は県内で初めて。これで、全都道府県で死者が確認されたことになる。

 県によると、15日に死亡した。遺族の同意が得られていないとして、死者の居住地や年代、性別、感染確認日や病状の経過といった詳細は公表していない。

 丸山達也知事は「医療提供体制を強化するとともに検査を幅広く迅速に行い、感染者の早期確認、早期治療を徹底して重症化回避に努める」とコメントした。

 県内では昨年4月9日に1人目の感染者が確認され、今月15日までの累計感染者数は551人。飲食店や私立高校などでこれまでに12件のクラスター(感染者集団)が発生した。

 16日午前10時現在、県内の入院患者は12人で内訳は重症1人、中等症7人、軽症4人。確保病床(324床)の使用率は3・7%と余裕がある。県内の感染症指定医療機関では、患者の重症化に備えて人工呼吸器計191台と人工心肺装置「ECMO(エクモ)」計20台を確保している。