東京五輪出場が懸かる2020年2月の世界選手権(オーストラリア、6日間)の男子レーザー級に挑んだ瀬川和正は、3日目に出場の可能性が消えた時点で「もうレースをやっても意味がない」と投げやりな気持...