鳥取大は23日、部下だった女性にセクハラやパワハラを繰り返したとして、50代の男性事務職員を停職20日間の懲戒処分にしたと発表した。処分は22日付。

 同大によると、男性事務職員は2018~19年度、当時部下だった女性に対し、自宅を複数回訪問したり、飲酒に繰り返し誘い長時間同席したりするなどした。女性は2人いて、男性事務職員がどちらに、どのような行為を行ったかは公表できないという。

 女性2人がそれぞれ学内の相談窓口に訴え、大学側が調査。行為の内容と他大学の処分状況、学内外への影響を総合的に判断し、処分内容を決めた。

 中島広光学長は「本学職員としてあるまじき行為で誠に遺憾。関係者の皆さまに深くおわび申し上げます」などとコメントした。再発防止と信頼回復に努めるとしている。 (福間崇広)